病院

精神科で働きたい人必見|医師求人から転職先を探そう

  1. ホーム
  2. どの診療科に転職すべきか

どの診療科に転職すべきか

女医

選ばれている診療科

精神科の医師は年々、少しずつではありますが増加傾向にあります。反対に小児科や産婦人科は年々減少傾向にあります。医師求人を続けるものの人手不足が深刻な科が増えていく一方、精神科を選択する医師が増えているのには理由があります。まずは比較的残業が少なく、プライベートを優先しやすいという点です。まったく残業がないわけではありませんが、特に家庭を持っている医師にとって時間に縛られにくいというのは大きなメリットです。次に、他の診療科に比べて年収が高い傾向にあることです。地域や勤務先により差はありますが精神科医の平均年収は1200万円以上です。これは精神科に対する患者の需要が高いのが理由です。精神科の治療には長い年月を要します。数日で治ってしまうような例はほぼありません。つまり、ひとりの患者と何年も向き合い、長い付き合いを重ねていく必要があるので常に需要は尽きません。時間に融通が効く上に年収が比較的高いといえば精神科を選ぶ医師が増えるのも納得できます。しかし、精神科医が増加傾向にあるとはいえ、需要は常にありますので医師求人も途切れることがありません。更にもうひとつ、精神科を選択する医師が多い理由ですが独立しやすいという点が挙げられます。年収が高いので資金を用意しやすいという理由もありますが、他の診療科に比べ用意する器材が少なくて済むからです。もし診療科の選択に迷っているのであれば精神科の医師求人情報を参考にしてみてください。比較的、希望に合う医師求人が見つけやすいジャンルだと思います。